アニマルセラピー訪問ケージなら

※長期や短期の入院でも、自宅で待つ愛犬や愛猫に逢いたい!
※終末医療の病床で、小犬や猫とのふれあいを通じて、治療の苦痛や痛みを和らげたい。
※入院中に大好きな犬や猫に癒されたい。
※動物のアレルギーを持っているが、入院中に大好きな犬や猫に触れ合いたい。
※療養生活の楽しみや、退院するまでの日々の生活の潤いを、犬や猫の力を借りて与えたい。
 
 ふれ〜るペットならこんな想いを実現できます。

 

アニマルセラピー

アニマルセラピー(AT)は治療効果を目的としたAATと慰楽を求めたAAA、そして学校内での動物飼育AAEとに分けられます。いずれも専門技師に依る方法を用いればかなりの効果が認められて、病院内や施設内では生活の質(QOL)が高められ、学校内では情操教育の一環としての発達が認められるといわれています。

ペットがお見舞い

その中で、どうしても立ち入る事の出来ない病院内の患者へのAT実施の思いが徐々に高まって来ました。病床に身を伏せて辛い思いの毎日の中飼っていたペットに会いたい、長期入院を余儀無くされている毎日に動物たちの訪問で癒されたい、その思いを実現するべく動物訪問ケージ『ふれ〜るペット』を作成しました。『ふれ〜るペット』はBOXの中にペットを入れて飼い主の待つ病室内へお見舞いに行く為の機械です。BOX内の空気をフィルターが99.99%除菌して更に光触媒で滅菌、最後に活性炭で除臭します。このケージを用いて患者や入所者たちの生活の質QOLを高めて、慰楽の時や、明日への希望(ペットに会える)を与える事でQOLの向上に繋がればどんなに素晴らしいかを考えています。