HEPAフィルター

HEPAフィルターとは、空気中に含まれる微細なホコリを取り除くために利用する高性能のフィルターです。
HEPAは「High Efficiency Particulate Air Filter」の略で、もともと精密機器や半導体の製造工場にあるクリーンルームや、原子力施設の換気装置用として、非常に微細なホコリや放射性微粒子を取り除くために作られたもので、ダニのふん/カビの胞子/細かな砂ぼこり/ハウスダストも、2~5μm以上の大きさのものが中心です。HEPAフィルターはこういったアレル物質の多くをキャッチできます。

HEPAフィルターの性能は、日本工業規格(JIS規格)にて「定格流量で粒径が0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率をもち、かつ初期圧力損失が245Pa以下の性能を持つエアフィルター」として定義されています。
1μmは0.001mmなので、HEPAフィルターは直径0.0003mmの細かな微細粒子を99.97%以上キャッチできるフィルターということになります。

このHEPAフィルターにより、これまで動物と触れ合うことのできなかった病院や福祉施設などにいらっしゃる方々にも、衛生的に安心して動物たちと触れ合い、心癒される「アニマルセラピー」の効果を体験していただけます。